橋本和幸作品集 Kazuyuki Hashimoto Portfolio

瀬戸内国際芸術祭2016  東京藝術大学Xロンドン芸術大学国際共同プロジェクト 「複雑なトポグラフィー―動態と変化」

栗林公園内の素晴らしい景色や高松の景色を見ながら昼寝やお茶をしてみたいそんな夢を叶えるために移動式住居を制作しました。伸縮式で人が一人眠れる大きさになります。室内には栗林公園のおみやげ屋さんで買って食べたお菓子の包装紙など記憶として貼り付けています。旅のログになればと思っています。今回も地元、高松工芸高校の濱野先生と生徒さん達が移動や展覧会の宣伝に協力いただきました。感謝です。

《移動式住居「幸庵—参号」》
ミクストメディア
全体:W105×L420×H145CM
本体:W105×L150–305(可変)×H150CM
自転車:W58×L166×H105CM
2016年、2017年改
MOBILE HOUSE KO-AN NO. 3
MIXED MEDIA
W105×L420×H145CM
MAIN BODY: W105×L150–305(ADJUSTABLE)×H150CM
BICYCLE: W58×L166×H105CM
2016, 2017

展覧会特設サイト

瀬戸内国際芸術祭2016
東京藝術大学xロンドン芸術大学国際共同プロジェクト
「複雑なトポグラフィー――動態と変化」
Complex Topography: Movement and Change

  • 会場: 特別名勝 栗林公園 讃岐民芸館 商工奨励館および周辺(アクセス情報
  • 会期: 栗林公園展示|2016年9月13日(火)―11月6日(日)
  • 開館時間: 10:00-17:00
  • 休館日: 10月6日(木)、7日(金)
  • 入場料: [展覧会入場料]無料 ただし、栗林公園入園料が必要
    大人410円 小人170円|団体(20人以上)大人320円 小人140円
    *瀬戸内国際芸術祭2016秋会期期間は作品鑑賞パスポート提示で、入園料 大人320円 小人140円 に割引
    *瀬戸内国際芸術祭2016 秋会期|2016年10月8日(土)―11月6日(日)30日間
  • 主催: 東京藝術大学、ロンドン芸術大学セントラル・セント・マーチンズ校、香川県、公益財団法人置県百年記念香川県文化芸術振興財団、瀬戸内国際芸術祭実行委員会
  • 協力: 特別名勝栗林公園、香川県立高松工芸高等学校
  • 企画: 東京藝術大学xロンドン芸術大学セントラル・セント・マーチンズ校 グローバルアート共同カリキュラムロンドン・ユニット
  • Setouchi Triennale 2016
    Global Joint Project between Central Saint Martins, University of the Arts London and Tokyo University of the Arts
    Complex Topography: Movement and Change

    • Place: Special Place of Scenic Beauty Ritsurin Garden, Sanuki Mingeikan (Sanuki Folk Craft Museum) Shōkō Shōreikan (Commerce and Industry Promotion Hall)
    • Period: Complex Topography | 13 September – 6 November 2016 Closed: 6-7 October
      Setouchi Triennale 2016 Autumn Session | 8 October – 6 November 2016
    • Opening hours: 10:00am-5:00pm
    • Exhibition free entry, fee required for garden entry
      Adults 410 yen Children 170 yen | Group (20 or more) Adults 320 yen Children 140 yen
      *During Setouchi Triennale 2016 Autumn Session, discounted admission is available with the presentation of a valid Triennale Passport.
      Adults 320 yen, Children 140 yen
    • Organizers:Tokyo University of the Arts; Central Saint Martins, University of the Arts London; Kagawa Prefecture; 100th Anniversary of the Establishment of the Kagawa Arts and Culture Promotion Foundation, Setouchi Triennale Executive Committee
    • Cooperation:Special Place of Scenic Beauty Ritsurin Garden
      Kagawa Prefectural Takamatsu-Kougei High School
    • Planned by: Tokyo University of the Arts, Fine Art Department, Global Art Joint Curriculum, London Unit
    • 展覧会概要

      「複雑なトポグラフィー――動態と変化」(Complex Topography: Movement and Change)。昨年度と同じく特別名勝 栗林公園を会場に、異なる文化背景をもつ現代アーティスト20名/組が対話と協働作業を重ね、テーマを反映した新作を「瀬戸内国際芸術祭2016」の一環として展示いたします。タイトル内の「トポグラフィー」は、地形や地政学といった地理的な形態だけでなく時間と空間の要素、つまり土地の歴史や文化も意味します。サブタイトルの「動態」は参加アーティストが日英を往来する物理的な動きやコンセプチュアルなアイデアの進展を、「変化」は移動に伴う文化的、創造的、言語的な移り変わりを示唆します。これらはまた、往来する物質や思考の一形態として貿易や翻訳などの営みも喚起させます。したがって本タイトルには「動態と変化」に付随する様々な構造、メカニズム、テクノロジー、マテリアルなどの意味も含まれます。このように「複雑なトポグラフィー――動態と変化」展は、現代アーティストが日英二つの文化に異なる観点で触れながら、地域固有の歴史と文化を互いに受容し、応答していくプロセスが結実する機会となります。

      Exhibition Outline

      Tokyo University of the Arts and Central Saint Martins, University of the Arts London organized the exhibition Complex Topography: the Garden at Special Place of Scenic Beauty Ritsurin Garden in October of last year, prior to the official launch of GAP. As its seconditeration in 2016, we are organizing a new joint exhibition at Ritsurin Garden as we continue to develop the global joint curriculum with courses held at both universities. The theme for this year’s exhibition is Complex Topography: Movement and Change. Twenty contemporary artists with various cultural backgrounds will engage in cross-cultural dialogues and collaborative practices, and exhibit new works based on this theme as part of the AutumnSession of Setouchi Triennale 2016.

      The word “topography” in the title signifies not only geographical formations such as landforms and geopolitics, but also encompasses the elements of time and space, or history and culture. The word “movement” refers to the artists’ physical journey between two cultures, and the conceptual development of ideas; “change” points to a cultural, creative, linguistic shift that accompanies such a movement. These terms also evoke trade and translation in the exchange of things and ideas, while hinting at various structures, mechanisms, technologies and materials. Thus, the exhibition Complex Topography: Movement and Change will be an opportunity for the artists’ collaborative process to come to fruition—a process in which they touch upon two cultures of Japan and Britain from different perspectives, mutually exchange local histories and cultures, and create new works in response.

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2019 橋本和幸作品集 Kazuyuki Hashimoto Portfolio

テーマの著者 Anders Norén