橋本和幸作品集 Kazuyuki Hashimoto Portfolio

移動式茶室「幸庵-弐号」Mobile Tea House Ko-an No.2

東京藝術大学グローバルアート共同カリキュラム「複雑なトポグラフィー − 庭園」(香川県 特別名勝 栗林公園)にて発表した作品です。

「素敵な景色の中でお茶をしてみたい」という夢を実現するために製作した作品です。

 栗林公園内にある商工奨励館の前で展示させていただきました。

 庭園の借景し、お茶を楽しむための装置です。  地元の高校の茶道部の皆さんにお茶をたてていただきました。

展覧会特設ページ

http://2015csm.geidai.ac.jp/

Complex Topography; the Garden

「複雑なトポグラフィー ― 庭園」

  • Venue: Special Place of Scenic Beauty Ritsurin Garden, Shōkō Shōreikan (Commerce and Industry Promotion Hall) and surrounding area in Takamatsu, Japan
  • Period: 23-27 October 2015
    23 October – Opening Reception from 1:00pm
  • Open hours: 10:00am-4:30pm
  • 会場: 特別名勝 栗林公園 商工奨励館および周辺
  • 会期: 平成27年10月23日(金)―10月27日(火)
    10月23日(金)13:00-レセプション
  • 開館時間: 10:00-16:30

Global Art Joint Project between Central Saint Martins, University of the Arts, London and Faculty of Fine Arts, Tokyo University of the Arts

グローバルアート共同プロジェクトに関するロンドン芸術大学 セントラル・セント・マーチンと東京藝術大学美術学部

  • Organizers:Tokyo University of the Arts; Central Saint Martins, University of the Arts London; Kagawa Prefecture; 100th Anniversary of the Establishment of the Kagawa Arts and Culture Promotion Foundation
  • Cooperation: Special Place of Scenic Beauty Ritsurin Garden, Kagawa Prefectural Takamatsu Craft High School
  • Grant from:Daiwa Anglo-Japanese Foundation
  • Planned by:Tokyo University of the Arts, Fine Art Department, Global Art Joint Curriculum, London Unit
    • 主催: 東京藝術大学、ロンドン芸術大学>セントラル・セント・マーチンズ校、

香川県、公益財団法人置県百年記念香川県文化芸術振興財団

  • 協力: 特別名勝栗林公園、香川県立高松工芸高等学校
  • 助成: 大和日英基金
  • 企画: 東京藝術大学美術学部グローバルアート共同カリキュラム ロンドン・ユニット

Exhibition | 展覧会について

This exhibition by 18 contemporary artists based in Britain and Japan will be held in Ritsurin Garden in Takamatsu, Japan. The artists, with different cultural backgrounds, will respond to the contemporary actuality of the Garden today, exploring its historical context as well as the tensions between the natural environment and the inherent artificiality of garden design. Related to the history, culture and political representations of the garden, with attention to the spatial and architectural aspects of the site, the new artworks produced for this exhibition will reflect both the similarities and differences between Britain and Japan, addressing concepts derived from teien/garden. The artworks based on these cross-cultural dialogues will be exhibited as part of a re-imagined landscape in relation to the complex topography of the garden.

□Granted by the Japanese Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT) through its Program for Enforcing of National Universities

栗林公園を舞台にした日英の現代美術家 18組による展覧会。異なる文化背景をもつアーティストが庭園の多面性を捉え、その歴史をリサーチしながら自然環境や自然に内在する人工性などに関する議論を重ね、それらを現代の文脈に読み替えて表現します。庭園の歴史、文化、政治的表象やそれらに付随する建築的・デザイン的機能、また日英間の庭/ガーデンの概念における差異や心象風景としての庭などをテーマにした新作が展示されます。

□文部科学省国立大学機能強化事業「国際共同プロジェクト」

About | プロジェクト概要

As a part of the Global Art Joint Curriculum 2015, “London Unit” comprised of teachers and students of Tokyo University of the Arts and University of the Arts London Central Saint Martins has been conducting joint classes from this July under the theme of “the garden”. Both institutions have the aim of realizing social art practice in a global context. In this curriculum, Japanese and British students, by researching the theme of “the garden” through talks and collaborative work from different angles, learn common points and differences of the cultures of the two countries. In doing so, students explore, social, cultural functions of representation in relation to the concept of “the garden” in modern society and expressions resulting in various approaches, with the aim of acquiring intellectual thinking ability to practice art in society and a critical point of view.

In October, resulting from this joint curriculum, 18 contemporary artists will participate in an exhibition titled “Complex topography; the garden”, staged in special natural beauty spot Ritsurin Garden of Kagawa Prefecture. Artists of different cultural backgrounds consider many aspects of the garden, and express these to be read in a modern context.

Related to the history, culture and political representations of the garden, with attention to the spatial and architectural aspects of the site, the new artworks produced for this exhibition will reflect both the similarities and differences between Britain and Japan, addressing concepts derived from teien/garden. The artworks based on these cross-cultural dialogues will be exhibited as part of a re-imagined landscape in relation to the complex topography of the garden. The exhibition will be open for viewing by the public during the period of Tuesday, October 27 to Friday, October 23.

We thank you in advance for your support of this international joint project, a new educational initiative of Tokyo University of the Arts aiming to foster global awareness.

□Granted by the Japanese Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT) through its Program for Enforcing of National Universities

平成27年度グローバルアート共同カリキュラムの一環として、東京藝術大学とロンドン芸術大学、 セントラル・セント・マーチンズ校の教員と学生で構成される「ロンドン・ユニット」では、「庭/ガーデン」というテーマに沿って本年7月より共同授業を実施しています。両校ではグローバルな文脈におけるソーシャル・アート・プラクテイス、すなわちアートの社会実践を目指しています。このカリキュラムでは、日英の学生が対話と協働作業によって多角的に「庭/ガーデン」のテーマを探求し、両国の文化の共通点や差異を学びます。それによって現代社会における「庭/ガーデン」の概念や社会的・文化的表象機能、そして表現に至る様々なアプローチを相互に探求し、芸術を社会で実践するための知的思考能力と批評的な視座の獲得を目的とします。

本共同カリキュラムの成果として、今年10月には香川県の特別名勝栗林公園を舞台にした現代美術家18組による展覧会「複雑なトポグラフィー――庭園」を開催します。異なる文化背景をもつアーティストが庭園の多面性を捉え、それらを現代の文脈に読み替えて表現します。庭園の歴史、文化、政治的表象やそれらに付随する建築的・デザイン的機能、また日英間の庭/ガーデンの概念における差異や心象風景としての庭などをテーマにした作品を制作し、10月23日(金)から10月27日(火)の期間一般公開します。 国際共同プロジェクトを通じての藝大の新たな取り組みや、グローバル人材育成を掲げた教育活動に関して、引き続きご支援くださいますようよろしくお願い申し上げます。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2019 橋本和幸作品集 Kazuyuki Hashimoto Portfolio

テーマの著者 Anders Norén